澤佳宏 ~最後の03戦士、夢のつづきの第二幕~

 2007年3月10日。
澤佳宏は、自身の卒業記念試合として、シーズン最終戦を迎えた。

この試合に参加したのは11人。

すでに藤井を除く他の03生はチームを離れ、また春休みの影響もあって決して大人数とはいかないなかでの最終戦となった。



2003年に大川や池下らとともにチーム入り。
しかし、入団当初は同郷の家里(途中退団)と行動をともにすることが多く、徐々にチームの主力となっていった大川・岡本らとはちがう立場におかれがちだった。
1~2回生時は控えとしてベンチを温めることがほとんど。
試合によばれないことすらあった。

今となっては考えられない状況だが、澤の4年間を振り返るうえで、この不遇の時代は避けて通ることはできない。


 転機が訪れたのは2005年春。
01生が卒業し、今井がポスト真弓としてエースにのしあがったのと時を同じくして、ポスト稲葉として不動のサード・澤が誕生した。

華麗な守備で見るものを魅了した稲葉の後釜。
誰もが稲葉に代わる選手はいないと思っていたところに、澤の存在がクローズアップされた。
そして、その才能・野球センスは見事に開花。

大川との鉄壁の三遊間は、テラ野球の見所のひとつとなった。

大川不在の時にはショートもつとめ、内野はどこでもこなすユーティリティ-ぶりをいかんなく発揮。
そして、今季は念願だったセカンドコンバートも果たした。f0008530_23574551.jpg



帰省、就職活動、バイト...本来なら野球をするうえでは障害となるはずのさまざまな事情も、澤にとっては大きな壁ではなかった。

不遇だった2年間を経てつかんだポジション。

そこまでの過程は、澤にしか通ることのできなかった道だったのかもしれない。



少人数の練習でも声をはりあげ、捕手のいない時期には、自らマスクをかぶることもあった。

そして、他の03生がいないなかでの最終戦。

しかしそれこそが、最後の最後まで野球にこだわりつづけた澤の4年間を締めくくるには、むしろふさわしい状況だったともいえる。



 3月16日。
卒業式を翌日にひかえ、澤は打ち上げの席で自らの野球論を語った。

そしてその目は、確かに来季を見据えていた。



2007年4月。

桜舞うなか、f0008530_2357578.jpg背番号13の第二幕がはじまる。
[PR]

  by teralins | 2007-03-19 00:02 | 心の野球・03

今井洋企 ~「テラの灯は消さな... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE