<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

岡本好平 ~揺るぎない信頼...守備職人が築いた聖域~

 テラーリンズの野球チームがスタートして7年。
その歴史の中で唯一、不動といわれたポジションがある。

それは、岡本の守るファースト。

2003年から4年間にわたり、岡本以外の選手がそこを定位置とすることはなかった。



 2003年5月、一回生だった大川や澤、池下らが見学に来た時には姿がなく、彼らに少し遅れての入団。
高校時代は投手だったが、肩の故障もあり、テラーリンズではファーストを選んだ。

ここに、“ファースト岡本”が誕生する。


チーム事情で、まれにサードや外野を守ることはあったものの、最初の2年間は、大半がファーストでの出場。
そして、2回生の途中からは、ファースト以外での出場はない。

さらには、ファーストでの84試合連続先発出場という記録も打ち立てた。


 これらの、栄光を支えたのは、神業といわれた守備。
ショートバウンドでの送球や、少々の悪送球も、華麗なグラブさばきで処理していった。



「普通の内野ゴロならば確実にアウトはとれる」

「ファーストへ投げれば、岡本が捕ってくれる。」
f0008530_19453468.jpg


そして、築き上げられた揺るぎない信頼。

その守備が数々のピンチを救いつづけた。


いつからか、テラーリンズのファーストは聖域となった。




今でも練習などでは、入団から2年間使った背番号25のTシャツを愛用する。

打撃では、チームでただ一人、カーボンバットを使い、シャープなバッティングをみせる。

監督代行として、計4試合の指揮をとり、全勝。



守備職人というイメージの影で、確かに、チームに大きな存在感を残した。





 実は、岡本には、もうひとつの定位置がある。

和泉市民球場の一塁側スタンドの最上段。

いつも、集合時間よりも早くに球場入りし、試合前に集中力を高めた場所だ。



背番号11が眺めつづけたグランド。
そして、そこに存在する聖域。



 2007年2月17日。

岡本が、最後の守備につく。
[PR]

  by teralins | 2007-02-16 19:45 | 心の野球・03

池下貴彦 ~数々の苦難を越えて...仕事人、最後の完全燃焼~

 1月27日、和泉市民球場。
当初予定されていた試合がキャンセルとなり、練習が行われた。
そこに参加した池下。

2時間の練習を終えた彼は、花園での試合に向かうチームを一人、見送った。



 これがいつからか定着した、池下貴彦の参加スタイルだった。
バイトなどの都合で、1試合目のみや、2試合目からの出場はしばしば。
ときには、試合中にチームに合流しての途中出場も珍しくはない。


それでも、池下は球場へ向かう。

試合のキャンセルをうけての練習でも、例外ではなかった。




 2003年春に、岡本らとともにテラーリンズ入り。
当時「BETH」と書かれたTシャツを着ていたことから、保科から「ベッツ」と命名された。
しかし、まわりの03生に比べて、練習・試合への参加自体が少なく、存在感のうすいなかで、彼のテラ野球人生はすすむ。


ただ、当時の03生のなかでは唯一の外野手だったことも奏功し、出場した試合では、貴重な戦力として重宝された。
特に、外野でのその守備力はチーム一と言われ、バッテリーからも絶大なる信頼を得た。

ある選手は、「落下点に入る速さが郡を抜いている」と評した。
派手さはないものの、常に地味で堅実なプレーが光る。





 2005年春、鈴木・湊らの卒業に伴い、出場機会も増加しかけたものの、2人がチームに復帰したことから、中堅には定着しきれず。
また、入院などで、長期にわたってチームを離れることもあった。
そして、バイトとの両立に、就職活動...。


しかし、不運なことやさまざまな障壁はあったものの、ヒマをみつけては野球に時間をさいた仕事人。





1月20日のガチャピン戦後、池下は卒業前の参加が2月限りとなることを表明した。

しかし、こう続けた。

「バイトは1月まで。2月は思う存分できると思う。」と。



強豪との対戦を数多く控える2月。

f0008530_20113278.jpg池下にとって、野球に、テラーリンズに集中できる環境が整った。

「最後は完全燃焼」。


2月3日...仕事人の最後の舞台が、幕をあける。
[PR]

  by teralins | 2007-02-01 20:12 | 心の野球・03

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE