<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

澤佳宏 ~最後の03戦士、夢のつづきの第二幕~

 2007年3月10日。
澤佳宏は、自身の卒業記念試合として、シーズン最終戦を迎えた。

この試合に参加したのは11人。

すでに藤井を除く他の03生はチームを離れ、また春休みの影響もあって決して大人数とはいかないなかでの最終戦となった。



2003年に大川や池下らとともにチーム入り。
しかし、入団当初は同郷の家里(途中退団)と行動をともにすることが多く、徐々にチームの主力となっていった大川・岡本らとはちがう立場におかれがちだった。
1~2回生時は控えとしてベンチを温めることがほとんど。
試合によばれないことすらあった。

今となっては考えられない状況だが、澤の4年間を振り返るうえで、この不遇の時代は避けて通ることはできない。


 転機が訪れたのは2005年春。
01生が卒業し、今井がポスト真弓としてエースにのしあがったのと時を同じくして、ポスト稲葉として不動のサード・澤が誕生した。

華麗な守備で見るものを魅了した稲葉の後釜。
誰もが稲葉に代わる選手はいないと思っていたところに、澤の存在がクローズアップされた。
そして、その才能・野球センスは見事に開花。

大川との鉄壁の三遊間は、テラ野球の見所のひとつとなった。

大川不在の時にはショートもつとめ、内野はどこでもこなすユーティリティ-ぶりをいかんなく発揮。
そして、今季は念願だったセカンドコンバートも果たした。f0008530_23574551.jpg



帰省、就職活動、バイト...本来なら野球をするうえでは障害となるはずのさまざまな事情も、澤にとっては大きな壁ではなかった。

不遇だった2年間を経てつかんだポジション。

そこまでの過程は、澤にしか通ることのできなかった道だったのかもしれない。



少人数の練習でも声をはりあげ、捕手のいない時期には、自らマスクをかぶることもあった。

そして、他の03生がいないなかでの最終戦。

しかしそれこそが、最後の最後まで野球にこだわりつづけた澤の4年間を締めくくるには、むしろふさわしい状況だったともいえる。



 3月16日。
卒業式を翌日にひかえ、澤は打ち上げの席で自らの野球論を語った。

そしてその目は、確かに来季を見据えていた。



2007年4月。

桜舞うなか、f0008530_2357578.jpg背番号13の第二幕がはじまる。
[PR]

  by teralins | 2007-03-19 00:02 | 心の野球・03

今井洋企 ~「テラの灯は消さない」...孤高のエース、4年“完投”~

2003年4月上旬。
入学間もない今井が桃大1号館の教室を訪れた。

「ここ、テラーリンズですか?」


テラーリンズとしては、野球チーム結成4年目を迎えた春。
新入生の勧誘予定のなかったチームに突如あらわれた一人の03生が、ここから長くチームを支えることになる。

背番号18。
あおの青いグラブをみて、ある選手は「ダイスケ」と呼んだ。



 4月下旬には野球チームに合流し、5月には初登板。
当時、テラーリンズの先発には真弓・川島と2枚看板がいたが、そこに割って入るべく、数少ないチャンスで黙々と投げ続けた。


 5月に入って、大川・澤らがチーム入り。
それでも、03生では今井が唯一、試合では使われ続けた。

つまり、入学後2~3ヶ月のこの時点で、まわりの03生とはちがう立場におかれていたことになる。
その理由は、サッカーとの2足のわらじで、テラーリンズに溶け込んでいった今井の努力に他ならない。
ときには保科らのベテランにつき、時には寺門ら若手の兄貴分として、チーム内で潤滑油的な役割を果たした。


川島の卒業後は真弓に続く2番手投手として定着。
そして、真弓の卒業した3回生時には、ついにエース格としての地位を築きあげた。

投手として真弓らほどの華はなくとも、その独特の球で勝負を挑み続けた。


4年間で、勝利と敗戦の数は、そう変わらない。
勝った分だけ、負け試合にも登板していることになる。
しかし、それは長く第一線で投げ続けたことの証明でもある。


戦力層の決して厚くなかった時代。
打線の援護も守備での援護もないなかで投げ続けた結果、記録された多くの敗戦。

その敗戦が、今のチームの礎となっている。



 卒業記念試合の予定されていた2月17日。
無情な雨のなか、今井は高熱に襲われていた。

幻の卒業記念試合...
しかし、これは神様のほんのいたずらにすぎなかった。




 1週間後の2月24日。
急きょ予定を変更し、病み上がりのなか、1週間ごしの卒業記念試合に臨んだ。
快勝かと思われた試合は、終盤に3ランと暴投で同点に。

そして、迎えた9回裏。
無死2・3塁から小路の放った打球は、高々と左翼手の頭上をこえていった。



 4年前、何気なく立ち寄った教室。
その先に用意されていた丸4年に及ぶテラーリンズでの時間は、自らが新代表に指名した1回生のバットによって、幕がおろされた。


 もしあの時、今井が教室に来なければ...

「おそらく、テラーリンズの灯は消えている。」

当時、教室にいた、久賀田・林らは明言する。



 その右腕で、テラーリンズをしっかりと守った4年間。
今井は見事に“完投”を果たした。

消えることのなかったテラーリンズの灯は、再び背番号18が帰ってくるのを待っているにちがいない。
f0008530_21111834.jpg
[PR]

  by teralins | 2007-03-08 20:08 | 心の野球・03

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE